マンション売りたい【家・土地も査定できる】

売却するマンションの印象をよくする工夫

マンションの購入希望者は、一件だけを見て即決することはまずありません。
印象をよくして売却を目指すためのポイントをおさえておきましょう。

まず、家中を整理整頓しておくのが大事です。
マンション売却が成立すれば、マンションからの引っ越しが必要となりますね。
それなら早めの引っ越し準備として不要なものを整理処分しましょう。

小物はポイントとして少し置く程度ならいいですが、あまり多いと部屋が狭く見えます。
段ボール箱などに一時的に保管して、部屋全体をシンプルに見せるといいですよ。

見学直前に、一度全ての窓を開けて換気をしましょう。
マンションは、住人が意識する以上に空気がこもりがちです。
窓を開けるだけで印象がよくなるなら、売却のためにやりたいと思いませんか。

事前に家中の明かりをつけておくのも効果があるようです。
見学者は全部の部屋を見ようとするので、売り手の親切としてとらえられます。
それに照明が最初からつけてあれば、部屋の印象が明るくなるのです。

面倒でも家の査定は複数の不動産屋を利用

書籍やインターネットで調べると、家を売却する際には必ず複数の不動産屋を利用するようにと注意されています。
しかし、何件も歩いて回るのは非常に面倒です。
特に訪問査定となると、何度も自宅を案内しなければなりません。

しかし、不動産屋によって査定額には違いがあります。
元となる市場データは同じはずなので、本来なら査定価格は似たものとなるはずです。
しかし実際に、一割以上の差が出るケースだってあるんですよ。
それは、参考にする市場データが同じでも、分析方法が異なるからです。

この家を欲しがる人は、どのような人でしょうか。
そしていくらなら購入するのでしょうか。
市場データから担当者がそれぞれ判断するので、幅が出るのです。

ですから、家を適切な値段で売りたいのなら複数の不動産屋を利用すべきなのです。
一戸建て売却サイトのようなインターネットの簡易査定だけでも、多くの不動産屋を使って価格を理解しましょう。
さらに電話やメールで、どういった部分から値段をつけたのか確認をとると参考になりますね。

土地売却や土地査定は売るだけ

土地売却時の査定を一括依頼できる土地売却サイトでは、土地だけでなくさまざまな物件を売る事ができます。
多くの方が住み換えを検討するとき、物件を売ることを考えますよね。
もし、一度売ってから「実はもっと高く売れたのに」というような事がわかったら悔しくありませんか?
そういうことを防ぐためには、比較サイトのような土地売却・物件売却の査定を一括で依頼できるサイトを使うのが一番なのです。

もしかすると、結果的にお近くの不動産会社が一番良い査定価格を出してくれる事もあるかもしれません。
しかし、それは比較しないとわからない事ですよね。
比較しないまま、何となく近所の別の業者に査定を頼んで、何百万円も安い価格で売ってしまったら大損です。

ですから、土地売却や物件売却を考えているなら、まずは一括査定を依頼してみましょう。
見積もりだけなら料金はかかりませんから、やって損はありませんよ。
不動産を売るというと何となく難しく感じるかもしれませんが、土地や物件の情報を入れて送るだけですから、パソコンの入力ができれば大丈夫です。

営業と家の外壁塗り替え

家の外壁塗装や外壁修繕を考えるきっかけは人によってさまざまですが、主な理由は二つあります。
「リフォーム会社の営業マンに”外壁塗り替えをする時期ですよ”と指摘された」もしくは「自分で家の壁を見ていて、ひびわれや汚れ・カビを見つけた」というもの。
しかしこれはどちらも、本当に外壁塗装・外壁修繕をすべきタイミングではないことが多いです。

なぜかというと、前者は単なる営業マンのノルマ達成のために言っているケースがほとんどだから。
後者については、多少のひび割れなら業者の手を借りなくても、ホームセンターなどで売っている「コーキング材」で埋めてしまえば目立たなくことが多いのです。
そしてこうした早すぎるタイミングでの外壁塗り替えや外壁修繕は、かえって家の耐久度を下げてしまう事もあります。

ではどうすれば良いタイミングで外壁塗り替え・外壁修繕をできるのかというと、良い業者に一度見てもらうのが一番です。
いきなり押しかけてくるようなところではなく、こちらから依頼したら迅速に・誠実に対応してくれるような会社を選ぶということですね。
その基準がわからないという人は、「外壁塗装サイト」のような一括見積もりを依頼できるサイトを利用するといいでしょう。

家の訪問査定で担当者との相性を知る

家の訪問査定をお願いするときは、つけられる値段だけを見るのではありません。
無事に売却されるまでにお世話になるかもしれない担当者です。
相性がいい人なのかを見るのも大事なんですよ。

もちろん、家を売るための査定額だって大事ですよね。
いくらいい人が担当者になっても、そもそもの売却額が低ければ印象は悪くなるばかりです。
人間関係以前の問題として、査定額がある程度ついていなければ無理でしょう。

何件か似たような査定額がついたときに、決め手にするのが相性なのです。
ちょっとした質問をしたいとき、話しかけにくい人だと困りますよね。

ただでさえ家の売却は疑問点が積み重なるものです。
不動産屋の担当者とは、査定時に可能な限り話をするようにしましょう。

話しかけられて嫌がる担当者はまずいないと思って間違いありません。
それだけ家の売却に本気だというのが伝わりますからね。
コミュニケーションをとる中で、この人なら任せられると思えるのか見極めるのです。

マンションの売却後は確定申告に注意

マンションを無事に売却すると、不動産屋から注意を受けるでしょう。
売却したら、譲渡所得として課税対象となるので確定申告が必要となるのです。

税金がかからなくなるかどうかは、家の購入時の金額と売却時の金額の差で決まります。
購入時よりも高く売れたら、利益として確定申告が必要となります。

譲与所得にかかる税額は、不動産を所有していた期間で決まります。
所得税、住民税ともに倍率が変わりますので、倍率が変わるぎりぎりの人は売却を急ぐといいかもしれません。

確定申告に不慣れな人は、申告時期の無料相談に行くといいでしょう。
マンション売却時に、不動産屋にて質問しておくのもいいですね。

購入時よりも安く売れた際には、確定申告により税金がかからなくなります。
ですから、得するための申告だと思いましょう。
損失分を所得から差し引けるので、少しでも穴埋めができますよ。

また、マンションの売却年を含めてしばらくは所得控除が認められます。
損失は残念ですが、前向きになるためにも忘れずにおきたいですね。

家の売却機会は誰でも少ないので専門家へ

家の売却をする際には、不動産屋にお願いする人が多いですね。
しかし査定から始まり手続きが多い上に、仲介手数料がかかります。
どうにかして個人で売却できないかと考える人もいるのではないでしょうか。

司法書士を通じて、個人間の不動産売買は可能です。
特に親族間や知り合いでの取引の場合、よく使われる方法ですね。
ただし、これは本人達の間で既に取引が決まっているからこそなのです。

まず個人では、今住んでいる家売却するためのマイホームの価値を見積もるのは難しいですよね。
近隣の家から推測するにも、自分の家がその物件より勝る点、劣る点を理解しなければなりません。
プロでもないのに見極めるのは大変ですよ。

さらに、売却相手とのトラブル発生時は本人同士で解決しなければなりません。
不動産屋が間に入っていれば、トラブルにも慣れています。
不動産売買の知識がない個人では、トラブルが発生しやすい上に解決も大変なのです。
プロに頼む人が多いのは、見合うだけの理由があるわけですね。

マンション売りたい【家・土地も査定できる】メニュー